水素と酵素を配合した理由

プラセンタを普通に食べるだけでは、普通の食べ物と同じで腸で吸収、分解され、そこから血液に乗って栄養素として各細胞に運ばれます。非常に効率的にはよくありません。馬プラセンタは大切な成分ですから、もっと吸収力を上げたい、分解力も酵素の力を入れることによって、これまでと違い、「馬プラセンタ水素&酵素」は、パワーアップしたのです。


水素と酵素について

馬プラセンタ水素&酵素に使用される沖縄の海のサンゴ
馬プラセンタ水素&酵素に使用される沖縄の海のサンゴ

食べ物は基本的に、炭素と水素の化合物です。水素は食べ物に含まれています。吸収して取り入れた酸素(さんそ)は、

酵素(こうそ)のはたらきで食べ物をもやし水素を抜き出しています。


水素が電子を作り、最終的にATPという細胞のエネルギーに返還されることで、私たちの生命活動は維持されています。


消化酵素によって、分解吸収された食べ物は、体内で水素を経てエネルギーとなり、代謝酵素の働きで新しい細胞を生成したり、傷ついた細胞を修復したり、遺伝子修復したり、そして、解毒、排泄にもかかわります。


水素と酵素は切っても切れない関係にあります。


ところが、現代社会においては栄養の供給過多あるいは、質の不良によって、水素と酵素の機能が不足しているのが現状です。


水素は、還元力をもった元素です。

体のエネルギーATPの元となる元素です。


言い換えれば、老化とは体内の水素量と酵素量が減り、体の還元力とエネルギー生産力と代謝力が低下した状態です。

サンゴ水素パウダー
サンゴ水素パウダー

植物性消化酵素・沖縄県産青パパイヤ
植物性消化酵素・沖縄県産青パパイヤ


パパイヤが食後のデザートに適していると言われるのも、パパイン酵素の分解力が期待されるからです。特に肉類を食べた後は、その効果が発揮されるでしょう。青パパイヤ、パパイヤ葉には、酵素が大量に含まれている上、食物繊維や抗酸化力の強い色素成分も豊富です。

私たちは、食べ物から栄養を補い、体のエネルギー源としています。このときに、食べ物を消化・吸収したり、吸収された栄養をエネルギーに変えたりするのが、酵素です。


青パパイヤは3大栄養素を分解する酵素がすべて含まれている


たんぱく質・糖質・脂質を三大栄養素と呼びますが、酵素を含む食品の多くは、たんぱく質分解酵素のみ、糖質分解酵素のみ、脂質分解のみといったように、特定の栄養を分解する酵素しか含んでいません。


三大栄養素を分解する食物酵素をすべて含んだ食べ物を色々と摂らなければなりませんでした。ところが、青パパイヤ、パパイヤの葉にはこの三大栄養素を分解する酵素がすべて含まれていることで知られています。


キングオブサプリのサプリメントには他にも、紫イペチャーガ、石蓮花紫イペチャーガにも青パパイヤを配合しております。