プラセンタのはたらきについて

プラセンタとは


胎盤のことをプラセンタといいます。 プラセンタは、胎盤より抽出された有効成分を内服や注射、または皮膚に塗布していろいろな疾患の治療にも使われています。


胎盤は、1個の受精卵からおよそ10ヶ月で60~70兆個まで細胞を増殖させ、胎児を形成する臓器です。

胎盤は、胎児細胞が増殖する過程で、様々な細胞増殖因子を合成し分泌しています。


その他、胎盤の中には、様々な有効成分、栄養成分、活性物質が含まれており、胎盤の薬効は古くから注目されていました。古くはクレオパトラ、マリー・アントワネットも好んで飲用していたといわれております。


アルゼンチン・中央アジア キルギス産の放牧馬のプラセンタを輸入
アルゼンチン・中央アジア キルギス産の放牧馬のプラセンタを輸入

馬プラセンタ水素&酵素はアルゼンチン産・中央アジア キルギス産の放牧馬を使用

海外の放牧馬を使用したウマプラセンタの輸入元図
海外の放牧馬を使用したウマプラセンタの輸入元図

また、動物たちが出産後胎盤を食べてしまうのはその栄養に満ちた部位を食べて出産後の体力回復に役立てているのだと言われています。

プラセンタの中に含まれている有効成分

プラセンタの中には、下記の有効成分が含まれていることが分かっています。 

タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、様々な酵素、各種成長因子(肝細胞増殖因子、神経細胞増殖因子、上皮細胞増殖因子、線維芽細胞増殖因子など)


医薬品として副作用がないプラセンタ

これらの、効能は医学の面でも応用され、日本でもプラセンタの有効成分を抽出した注射薬が昭和30年頃より開発され、治療薬として使用されてきました。


プラセンタには、細胞呼吸促進作用や細胞賦活作用、創傷治癒作用、抗疲労作用などがあり、肝機能障害を改善する薬として厚生大臣認可のもと医療現場で使われ需要が継続しています。


現在でも更年期障害や肝障害の薬として、保険適応となっています。更年期障害の諸症状を改善し肝機能障害の改善に優れた効果を発揮しますが、医薬品としての古い歴史の中で副作用がないことで知られています。

馬プラセンタ+水素+酵素で効率よく吸収
馬プラセンタ+水素+酵素で効率よく吸収

プラセンタの人気が急加速!

ウマプラセンタの人気が止まりません!
ウマプラセンタの人気が止まりません!

年2回出産する豚のプラセンタより、年一回の出産で人の胎盤に近い馬プラセンタがおすすめです。

昨年は化粧品、ゼリー飲料タイプ、アイスクリームタイプ、錠剤・カプセルタイプの商品開発が活発化し、豚や馬胎盤由来商品もシェアを伸ばしています。

 

今年も人気素材として成長が期待されるプラセンタ市場。2013年から続く馬プラセンタ人気の勢いが止まりません!

 

プラセンタが急成長する背景には、体感性の高さ、医療現場においける豊富な臨床実績、医薬品や化粧品、健康食品としての応用範囲の広さがあります。


あなたが今使っている、やす~い馬プラセンタ。しっかりプラセンタのはたらきが現れていますか?