病にならない体質のポイント

 

本来私たち人間は、雑食動物のように思われていますが、実は草食系動物なのです。一番のタンパク源といわれている「肉」は、人の体に適していないのです。スタミナ源とか、成長に必要だからといって、肉を食べるようにすすめられるが、消化液の性質を見ても、肉食動物と小食動物のそれは違っています。まず私たち人間は、強力なタンパク質分解酵素を持っていません。また、腸の長さも違って長い方の分類に属しています。また、一物全体主義といって、魚なら身の部分だけを食べるのではなく、丸ごと食べるのが生命力に繋がります。「一つ一つの食品を栄養分析してバランスよく食べる」「好き嫌いなく何でも食べること」がいかにナンセンスな事が、このページをご覧になるとお分かりいただけるとおもいます。

 

病にならない体質作りコンテンツ

好き嫌いなく食べていてはダメな理由
間違いだらけの食べ物選び
身体に良い食べ物、悪い食べ物
血液の汚れが病気の元
体質改善の決め手

健康的な生活を送るコツ


血液をサラサラの流れを作るためにキングオブサプリ
血液をサラサラの流れを作るためにキングオブサプリ

① 血管の強化


血液をサラサラの流れを作るためには、一日一食は必ず、一汁三菜スタイルで栄養バランスのいい食事をすることが大切です。


メインディッシュにオススメなのは、不飽和脂肪酸を含む青魚や、オレイン酸の豊富な豚肉。


副菜にはビタミンCたっぷりのトマトや、硫化アリルを含む玉ねぎを使った料理。


また、納豆や豆腐など、大豆ペプチドを多く含む大豆製品もオススメです。


② ミトコンドリアの増大と強化


細胞内に共棲する生物であるミトコンドリアは、タンパク質、食物繊維が主な栄養源です。



不足すると、エネルギー代謝が弱くなります。


ミトコンドリアの働き →


ミトコンドリアを元気にするためにキングオブサプリ公式サイト
ミトコンドリアを元気にするためにキングオブサプリ公式サイト

抗ラジカル性 キングオブサプリ公式サイト
抗ラジカル性 キングオブサプリ公式サイト

③ 抗ラジカル性



体内で必要な活性酸素はそのままに、


遺伝子を傷つける悪い活性酸素(ヒドロキシタジカル)を消去する、抗酸化食品の補給を。


④酸化食品を抗酸化食品に変える


毎日の食生活の中で、美味しい酸化食品を体内でキチンと還元し、腸内環境を良くする。


血液の酸化を防ぎ、サラサラ状態を保つ!

食生活を抗酸化食品に変えよう

栄養成分を行き渡るようにする キングオブサプリ

⑤ 浸透性


栄養分の抽出力と、洗浄力


カルシウムなど、ミネラルを水溶化する


⑥ 必須栄養素を各細胞まで届ける



赤血球についた酸化物質を分解し、柔軟な赤血球にし、栄養、酸素、ホルモン、、体温を細胞に届ける

必須栄養素

菌の繁殖を妨げる

⑥ 静菌性を保つ


O-157、レジオネラ菌、などの病原菌の働きを

妨げること。


⑧ 消炎性を抑える



外傷はもちろん、体内で起きる活性酸素を消去し、

炎性を抑えることが大切。

活性酸素を書虚子消炎性を抑える

脂を分解出来る体に

⑨ 油分を分解



油性のビタミン類を水溶化する栄養素の補給


血管内の酸化コレステロール油類を分解


脂肪細胞内の分解(メタボの解消)



⑩ デトックス効果を高める


新陳代謝がよくなることより、体内に蓄積された、


成長ホルモン、抗酸化物質、薬物、油類を排出する


新陳代謝を高める